2007年1月 9日 (火)

山崎拓という人

山崎拓氏が北京入り、「日朝平壌宣言」復活探り訪朝へ
 自民党の山崎拓・前副総裁が8日、北朝鮮を9日から訪問するため、成田空港を出発し、北京入りした。
 北朝鮮のミサイル発射や核実験を経て、事実上、死文化したとされる日朝平壌宣言について、北朝鮮高官との間で今も有効であることを確認し、膠着(こうちゃく)した日朝関係打開の糸口を探るのが狙いだ。訪朝は山崎氏の個人的な行動で、日本政府は関与していない。
 山崎氏は8日午後の出発直前、今回の訪朝の目的について、「核、拉致、ミサイル問題の一括解決をうたった日朝平壌宣言をぜひ、もう一度生き返らせたい。そのために、北朝鮮の高官とじっくり意見交換をしたい」と語った。
 山崎氏は9日午前、北京を出発し、同日午後、平壌入りする。自民党の田野瀬良太郎副幹事長(山崎派)が同行する予定で、北朝鮮滞在は13日までの5日間を想定している。
 山崎氏は、会談相手については、「金正日総書記と近い高官との会談を要請している。宋日昊(ソン・イルホ)日朝交渉担当大使は今回の交渉ルートではないが、会う可能性はある」と述べた。
 山崎氏は今回の訪朝に向け、米中両国関係者と事前調整するなど、準備を進めてきた。昨年7月に訪米した際、北朝鮮と関係の深いジャーナリストと極秘に会い、金総書記からの「招待状」を受け取った。マケイン米上院議員、アーミテージ元米国務副長官らと会い、対北朝鮮外交の戦略について意見交換した。
 昨年9月の安倍政権発足後は、中国の王毅駐日大使とも都内で会談し、訪朝構想を伝えていた。
(2007年1月8日23時34分  読売新聞)


 全くいい加減にしてほしいですね、この人。Dr町田のHPでもすごいタイトルで批判されてますけど。拉致被害者のことや日本の将来のことなどこれっぽちも考えてないんでしょうね。もっぱら自分の政治家としての点数を上げることだけ。こういう政治家にはさっさと辞めてもらいたいものです。安倍総理も気の毒ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)