« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

なんか情けない話

 大阪医科大(大阪府高槻市)の新病棟建設工事を巡り、同工事の受注を希望する業者から現金7500万円をだまし取ったとして、大阪地検特捜部は27日、同大の同窓会組織「大阪医科大仁泉会」元理事長で医師の原亮多(78)=千葉県四街道市=と、原容疑者が経営する医院の元事務長補佐の原裕嗣(55)=大阪府吹田市、元院長秘書の谷口義夫(48)=同府堺市、会社役員の大西勝己(59)=大阪市中央区=の4容疑者を詐欺の疑いで逮捕した。
 調べでは、4人は亮多容疑者が同大の「新総合棟病院7号館建設工事」の請負業者を選ぶ権限があるかのように装い、受注を希望する建設業者から現金をだまし取ることを計画。02年1〜3月、大西容疑者が顧問だった大阪市内の会社などで同業者に対し「工事に参入するには原理事長に無理を聞いてもらう必要がある」とうそを言い、工作資金名目で計7500万円を詐取した疑い。
 特捜部によると、亮多容疑者は事件前の00年5月〜01年11月まで仁泉会理事長だったが、業者選定の権限はなかったという。
(2007年02月27日 朝日新聞)

 何か情けない話でコメントもできませんね。現状、様々なおかしな話があるから、これ以外にも色々あるんじゃないですかねぇ。勘ぐりたくなりますヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

ブログのデザイン変更

 リニューアルしたホームページに合わせてこのブログのデザインも変更しました。新しい基本色は青から群青色。理由?「ブルーリボン運動」協賛者としては当然トップのページにGif画像を入れないといけないわけですよ。そうするとGifに合った色というとやはり同じ系統ですからね。
 ブログも同系統にして統一性がでたかな?
 ホームページのリニューアルは、デザイン変更とHomeの場所の変更および、以前のSHOTA's Room (留学中の、デジカメ入手から帰国で忙しくなる前までの日記)を下位に配置しトップからリンクを張ったということぐらい。これからの予定として閉鎖したBBSの過去ログや、Tigers netのブログ記録を入れますか。BBSを閉鎖したのはスパム投稿の嵐になったからで、個人がCGIを用いて設置するには維持が難しいというのを思い知りました。無論パスワードで入室制限をかけてもよかったけどそこまでする気力も体力も残ってなかったし。で、メンテが簡単(サーバ管理者に任せやすい)なブログに移行したって訳ですね。ただブログの致命的な欠点はサーバが急に閉鎖などするとどうしようもなくなるってことですね。通常のサイトならHTMLファイルなどを自分の手元で管理できます。データは基本的に自己管理(せめてバックアップ)できるようでないといけません。ネットワークコンピュータ構想が潰れたのはそこの部分の理解が足りなかったからでしょうね。まぁいろいろな考え方がありますが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

診断ミスで失明 : 1億3千万円賠償命令

診断ミスで失明、県立奈良病院に1億3千万円賠償命令
 奈良県立奈良病院(奈良市)で受診した小学生男児が失明状態になったのは担当医の診断ミスが原因として、同県内の男児と両親が県を相手取り慰謝料など約1億8000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が7日、奈良地裁であった。
 坂倉充信裁判長は「担当医が必要な検査を怠り、治療が遅れた」とミスを認め、県に約1億3700万円の支払いを命じた。
 判決によると、男児は乳児健診で眼の異常が見つかり、1999年5月と8月に同病院で受診したが、担当医は検査せずに「結膜炎」と診断。2000年10月、別の医院で先天緑内障と診断され、手術を受けたが、両目の視力をほぼ失なった。
 坂倉裁判長は「男児はうつぶせで寝るほど光をまぶしがっており、先天緑内障の可能性が高かった。眼圧測定や眼底検査を行うべきだった」と指摘した。
 県は「詳細を確認し、対応を検討したい」としている。
(2007年2月7日23時0分  読売新聞)


 この記事は職業柄どうしても注目されますね。詳細が不明だから何ともコメントしようがないけれども、患児および御両親は本当にお気の毒だと思います。ただ最近の風潮として、どうも医師にそこまで要求することは明らかに不当(異常)だというような訴訟が多くなされているので(「平成18年9月29日 医師の魔女狩りはさらに進む」「平成18年10月17日 妊婦は助かっていたか」)、この判決が妥当かどうかを考えなければならないというのは悲しい現実ですね。先天緑内障の場合、見つかったときには既に進行している場合も多いし、光をまぶしがるという行動は「結膜炎」でも十分生じ得、むしろそういった場合の方が多いでしょう。「乳児検診での異常」というのも単に充血をさしていた可能性も十分に考えられます。乳児期の眼圧検査、眼底検査の難しさという点も無視できませんのでこの短い記事だけでは十分な理由付けに欠ける気もします。軽々に判断できませんね。誰か詳しい人がいれば教えて欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

揚げ物はダイエットの天敵

1食で脂質1日分の揚げ物も…厚い衣は要注意
 総菜として販売されている揚げ物は、1食で、脂質量の1日の摂取目安に達している商品のあることが7日、国民生活センターの商品テストでわかった。
 揚げ物の脂質の70%が衣に吸収された油で、同センターは「生活習慣病予防のためにも、衣の薄いものを選ぶべきだ」と注意を呼びかけている。
 テストの対象になったのは、「コロッケ」17銘柄、「ロースカツ」11銘柄、「ヒレカツ」7銘柄、「エビフライ」5銘柄の計40銘柄。コンビニやスーパー、デパート、弁当・総菜専門店で購入した。
 1食当たりの脂質量は、コロッケ(2個)が平均30・4グラム、ロースカツが同38・3グラム。コロッケ1銘柄、ロースカツ3銘柄で、1食で、1日の摂取目安(女性30〜49歳)の44〜56グラムに達していた。
 手作りで調理した参考品に比べると、衣の量はコロッケが18%、ロースカツが16%、ヒレカツ26%、エビフライ20%といずれも多かった。
 揚げ物全体の脂質量に占める衣中の脂質の割合はコロッケが平均65%、ロースカツが同64%、ヒレカツが同86%。揚げ物の平均では70%に達した。
(2007年2月7日22時45分  読売新聞)


 いやー、あまりよくないと知りつつ、ついつい好きなもので食べてしまう揚げ物。今も朝は阪急そば天そばを食べてから働きに行くのが週に3日以上ある者としては改めてメタボリック症候群への警告を受け止めませんと.....。ついつい油断して食べちゃうんですよね〜、美味しいし。今年に入ってから運動したのは一回きり。ジョギングも中断中だし。まずいですねぇ。今日も、職場のカンファで「鰻丼」が出たのに、近所の焼き肉屋で焼き肉食べてしまった....。明日から気をつけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »